北陸紙器の歴史

HOME | 北陸紙器の歴史

北陸紙器の歴史

1947年 11月

高岡市横田503に資本金18万円にて株式会社日建紙器製作所を設立(設立者 林 繁次)

1957年 4月

高岡市横田198-2に本社、工場を移転

1957年 8月

資本金300万円に増資

1958年 9月

北陸紙器株式会社と名称変更と同時にレンゴーの資本54%となる

1960年 4月

貼合工場増築、コルゲーター(1,240mm幅)新設

1962年 10月

資本金1,000万円に増資

1964年 10月

複両面総合コルゲータ設置(1,820mm幅)設置

1968年 6月

資本金2,500万円に増資

1970年 3月

現在地 射水市小島91に移転
コルゲーター(1,820mm幅)設置

1971年 3月

資本金4,000万円に増資

1973年 10月

本社事務所と製函工場を現在地に移転

1973年 11月

廃水処理設備及び焼却炉を設置

1987年 3月

フレキソフォルダーグルアを設置
フレキソフォルダーグルア

1988年 7月

プラテンダイカッター設置

1989年 2月

廃水処理設備を更新
廃水処理設備

1991年 3月

ボトムロックグルアー設置
ボトムロックグルア

1993年 5月

恒温恒湿室を設置
恒温恒湿室

1995年 8月

ワンタッチケースグルア設置
ワンタッチケースグルア

1997年 5月

フレキソフォルダーグルアを設置
フレキソフォルダーグルア

2001年 6月

ISO14001 認証取得

2003年 10月

福井県の福井段ボールと合併、北陸紙器株式会社 福井工場とする
レンゴーの資本70.3%となる

2004年 7月

ISO9001 認証取得

2014年 1月

フレキソフォルダーグルアを更新
フレキソフォルダーグルア

2018年 5月

FSC COC 認証取得

2020年 6月

印刷検査装置導入